旗の台のカフェ「ねこのしっぽ」 ~お菓子の種類 パート2~

2018/05/02
アクセスデコレーションケーキ

旗の台のカフェ「ねこのしっぽ」 ~お菓子の種類 パート2~

 

 皆さま、こんにちは。

ゴールデンウィークの前半は終了し、明日から後半が始まりますね。

ここ「Baked Sweets Cafeねこのしっぽ」はGWも通常の定休日(日曜日)以外は営業いたします。

お時間がございましたら是非ぜひご来店くださいませ。今、「レアチーズケーキ」もご用意してお待ちしています。

さて、今回はケーキ系のお菓子の種類について書いてみたいと思います。

まずは、皆さまよくご存じの「スポンジケーキ」から。

これは、フランス菓子に代表される洋菓子において、小麦粉をベースとしたパティスリー(注1参照)と呼ばれる分野の基本的な生地のひとつです。溶いた卵の起泡性を利用し、オーブンで弾力に富んだ軽いスポンジ状に焼き上げます。

このスポンジケーキの台の上面や側面をクリーム、チョコレート、果物などで飾った洋菓子が「デコレーションケーキ」です。

「パウンドケーキ」は、小麦粉、バター、砂糖、卵をそれぞれ1ポンドずつ使用して作ることから、「パウンドケーキ」と名付けられました。ここ「Baked Sweets Cafeねこのしっぽ」のメイン商品もこのパウンドケーキです。

「ロールケーキ」は、スポンジケーキを薄く長方形に焼いて、ジャムやクリーム類、細かく切ったり甘露煮にした果物などをのせ、渦巻き状に巻いたケーキです。

「シフォンケーキ」の「シフォン」とは、「絹やレーヨンのような薄い織物」のことで、その柔らかい食感とかたちに特長があります。普通のスポンジケーキより背が高く、中央に円筒状の穴が開いています。シフォンケーキの材料にはバターは使用しません。代わりに低カロリーでコレステロールゼロの植物油を使用します。この植物油の軽さが、ふわふわで柔らかい生地の秘密のひとつです。

「ビスキュイ」はスポンジの一種ではありますが、通常はスポンジと言えばジェノワーズ生地を指していると思います。ジェノワーズ生地は卵を共立て(黄身と白身に分けない)にして、ビスキュイは別立て(黄身と白身に分ける)にします。ジェノワーズはもっちりしっかりした生地になります。

「スフレ」は、メレンゲにさまざまな材料を混ぜオーブンで焼いて作ります。軽くふわふわとしたお料理で、主菜またはデザートとされています。

今回はこの辺で終わりにします。ケーキ系の続きは~お菓子の種類パート3~で書かせていただきますね。

では皆さま、よいGWをお過ごしください。

(注1)ティスリーとは、フランスやベルギーにあるケーキ洋菓子を専門に扱うベーカリーの一種です。両国においては、パティシエの資格を持つ職人がいるベーカリーのみに、パティスリーの呼称が法的に認められています。

 

 Yoshiko & Megumi

 

「おいしい」と「楽しい」が広がるカフェ Baked Sweets Cafe ねこのしっぽ

住所:〒142-0064  東京都品川区旗の台6丁目24-12

TEL:03-6426-4919

E-mail:info@bsc-nekonoshippo.com

営業時間:11:00~19:00

定休日:毎週日曜日・第2月曜日

    ※なお、第4月曜日は15:00までの営業とさせていただきます。

*中原街道沿い、荏原消防署旗の台出張所隣りです。

 お車でお越しの際は、近くのコインパーキングをご利用ください。